幸せの家づくりブログを引っ越ししました!

幸せの家づくりブログを引っ越ししました!

☆新しいブログはこちらから☆

注文住宅でペットと暮らせる家を作ろう

久しぶりに大阪まで行ってきました。


おはようございます!
メルシーホームの鈴木です。


高校の修学旅行以来の大阪に、勉強をするために行ってきました。


雪の降る山形を出発し新幹線で向かったのですが、
大阪は「暖かいかな」と思い新大阪駅を降りると、
意外に風が寒かったです。


日帰りでしかも朝から晩まで建物の中での勉強で、
全然大阪の街は観光できなかったのですが、


せめてたこ焼きくらい食べてくればよかったかな?
と少し後悔しています。


今度大阪に行く機会があったら、本場のたこ焼きを堪能したいと思います。


話は変わりますが、最近は犬や猫などのペットを飼っているご家庭が多いように感じます。
ペットは家族の一員、ペットのことを考えた住宅について参考にしていただければ幸いです。


注文住宅でペットと暮らせる家を作ろう


家族同様のペットの健康や安全を考えるうえで大切なのはペット視点で考えることです。


人間にとっては安全でも、ペットにとっては危険なこともあるからです。


付けておいたほうが良い設備はペット用の扉です。
これがあると人間がドアを開けなくてもペットは自由に部屋間を行き来できます。


床は滑りにくくすることも重要です。
フローリングの床は踏ん張りどころがないのでつるつると滑りやすく、足腰に負担を掛けたりします。


フローリングの床ではペットが高いところから飛び降りたり、
走り回って転倒した際にけがをするリスクも高くなりますよ。


そうならないためにもカーペットや滑り止めのついたマットなどを敷いて事故を防止してください。


また、ペットは何にでも興味を持ちます。
ペットの安全のためにも、壊されたり、触られたりしたら困るというものはペットの目の届かないところにしまうようにしましょう。


落ちているものは何でも口に入れる可能性があります。
特にコンセントコードなどは噛んでしまうと危険なのでカバーを掛けるなどして対策しましょう。


環境を清潔に保つためにも定期的に換気をして、掃除をすることも大切です。


換気を行うことでカビやダニの繁殖を防ぐことができますよ。清潔さを保つためにも空気清浄機などをお部屋に置いてもいいですね。

IHクッキングヒーターについて

近頃コンビニのホットスナックが気になって仕方がありません。


こんばんは!
メルシーホームの鈴木です。


12月に入り寒い日が多くなってきました。
外出中コンビ二に寄ると、カウンターに並んだ温かいホットスナックがとてもおいしく見えます。


そんな時は大抵誘惑に負けて購入してしまいます。


カロリーのことも気になりますが、最近のお気に入りです。


IHクッキングヒーターについて


IHクッキングヒーターとは電磁誘導加熱のことで、
磁力線で鍋自体を発熱させる仕組みになっています。


IHクッキングヒーターにはどのような特徴があるでしょうか。


一番のメリットは、火を使わないので火災になる心配もなく安全だということです。


磁石でくっつくものだけが加熱されるので、洋服などが触れても発熱しないようになっています。
ですので、お子様や高齢者の方が間違って触れてもやけどをする心配がありません。


火が出ないので夏の暑い日でも調理は楽です。夏場は避けがちな揚げ物などもできますよ。


ガスコンロと違い、フラットなので普段のお手入れもさっと拭くだけで完了しますので常にきれいなキッチンを保つことができます。


また、ガスと違って周りの空間を温めないので上昇気流が起こりずらく、壁や換気扇などに油や汚れの飛び散りが少ないのも特徴です。
コンロ周りのお掃除を楽に済ませたい方にはおすすめですよ。


火力の分散がないのでガスコンロに比べて熱効率がとても良く、光熱費も安く抑えられます。
電気代は毎月かかるものなので、少しでも安くなるのは嬉しいですよね。


IHクッキングヒーターは専用の鍋でなければ使うことができません。
お気に入りの調理器具を見つけても使用できるとは限らないので調理器具を買う際には注意が必要です。

ガスコンロにはガスコンロの良さがありますので、またの機会にお話させていただきたいと思います。

注文住宅なら自然素材で建てよう

今日は、小学校6年生の息子と2人で食事に行ってきました。


こんにちは!
メルシーホームの鈴木です。


ラーメン屋さんに行ってきたのですが、
2人きりで外食する機会なんてあまりありません。


男2人、なんとなくぎこちない会話をしながらおいしいラーメンを食べてきました。


注文住宅なら自然素材で建てよう


自然素材で作られた住宅には鉄筋などでは得られない心地よさが詰まっています。
今回は無垢材の家についてお話します。


まず無垢材はシックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドが発生しません。


万が一シックハウス症候群になると様々な症状が現れ、アレルギーの原因にもなります。
せっかく念願のマイホームを手に入れたのにそれが原因で病気になるなんて悲しいですよね。


木は呼吸をしています。
湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出して、湿度を最適といわれる60%~70%に常に保ってくれます。


カビも繁殖しませんので一年を通して快適で安全な生活を送ることができますよ。


木が持つ本来の質感やぬくもりを感じることができます。
肌触りがいいので子供が触っても大丈夫ですし、リラックス効果もあります。


衝撃も吸収してくれますので、子供が転んでも安心ですし、お年寄りにも足腰に負担がかからない優しい素材です。


また、木で作られた住宅は寿命が長いです。
世界遺産の建築物などを思い出してもらえれば一目瞭然ですが、大きな傷さえつかなければ木は100年、1000年たっても強度はほぼ変わりません。


その強度は鉄やコンクリートよりも強いといわれています。
長く健康に住むことができますので、無垢材の家はお勧めですよ。

注文住宅における防犯対策について

肉屋さんのとんかつ、とても美味しかったです!


おはようございます。
メルシーホームの鈴木です。


家づくりの講演で福島県いわき市に行ってきました。
会の終了後、ちょうど会場の目の前に肉屋さんがありました。


その肉屋さん、とんかつが食べられる定食屋さんが中にあって、
飾り気のない店に、ちょっと愛想のない定員さんで


「大丈夫かな?」


と少し不安でしたが、とんかつの味は抜群でした!


何だか工務店のようだなと感じました。


見つけずらいし、声も掛けずらいけど、
頼んでみるといい仕事をする!


やっぱり本物の職人の仕事は一味違います。


今日のお役立ち記事はこちらです。


注文住宅における防犯対策について


家つくりで検討しなければいけない事のひとつに防犯対策があります。


自分の家は大丈夫と思っている方でもいつ入られるか分かりませんし、


侵入されてから慌てて対策を講じるなんてことがないように、
普段から防犯対策をしておきたいものです。


今回は家づくりにおける防犯対策のポイントについてお話ししたいと思います。


泥棒は見られることを一番嫌います。
外から完全に見えなくなることがないよう、植木やフェンスの高さは調節しておきましょう。


また、家の周りは踏むと大きな音がする砂利を敷き詰めておくと、泥棒も嫌がるので効果的です。


人が近づくと光るセンサーライトも泥棒避けとして設置しておくと良いでしょう。


特に気になる窓ガラスは防犯ガラスに変えておくことをおすすめします。
二重のガラスの間にフィルムが入っていて割られにくいのが特徴です。


また、いくら防犯性が高くても鍵を閉め忘れては意味がありませんよね。
意外と、鍵の閉め忘れによる空き巣被害は多いらしいです。


ちょっと外に出るときにでも必ず、家じゅうのドアや窓にカギがかかっているか確認したいものです。


窓に面格子をはめている住宅も多いですが、ネジなどが取り外しやすいと意味がありません。
場所によってはネジも特殊なものに変えておき、外されないようにしてください。

プロフィール

メルシーホーム

Author:メルシーホーム
メルシーホームの鈴木 弘樹です。

山形市で注文住宅を造っている
41歳の大工さんです。

妻と子供2人の4人家族、血液型はO型で少しロマンティストです☆

家づくりを始めて18年、
今まで感じた
業界の事や工事現場の事、
家づくりの事を
裏話を含めて
お伝えしたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR